説明会・講演会

放射線治療科説明会

2018年度放射線治療科説明会ーInformation

2018年度ー放射線治療科説明会

 2018年度になり、放射線治療科は更にパワーアップしています。臨床試験も始めていくことになり、益々、最新の医療、放射線治療の発展を当科から発信していこうとしています。また年度の始まりや半ばになってくると研修医の先生も医学部生も、どの科に進もうか、考え始める頃かと思います。そこで当科では去年に引き続き、当科の説明会を行うことが決まりました。説明会の詳細は下のボタンから飛んでいただければ、ご覧頂けます。是非、興味がある方や聞いてみたい事がある方、まだ進路に困っている方がいましたら、この機会に聞いてみてはどうでしょうか?
 昨年度参加された方、他大の医学部生も是非お越しください。またお友達と一緒に来て頂いても構いません。
 ご連絡方法は詳細に記載されている連絡先にご連絡をお願い致します。また出席者数を把握するため、7月8日(日)までにはご連絡をお願い致します。
 多くの方のご参加を期待し、お待ちしています。

2017年度放射線治療科説明会ー開催後記

2017年7月21日(金)に放射線治療科の説明会を行いました。
当科での説明会は今回が初めてでありましたが、多数の医学部の学生さんと研修医の先生が来てくださいました。
学生さんと研修医の先生、ありがとうございました。
学生さんと研修医の先生が来てくださったこともあり、説明会で一人一人に割り振られた時間を大幅に超えて説明したり、雑談したりしてしまいました。(笑)
懇親会も行って、大盛況に終わりました!

今回の説明会の講演内容

  • 初期研修・後期研修体験談
  • 専門医制度の紹介
  • 放射線治療医の仕事紹介
  • 東京医療センターの体験談
  • 国立がん研究センター中央病院体験談
  • 医学物理士の業務内容
  • 大学院(修士課程・博士課程)について

今回の説明会に参加することができなかった方や、
放射線治療医・放射線治療について聞きたい方、放射線治療科での初期研修・後期研修を
行いたい方、聞きたい方がいましたら、遠慮なく聞きに来てください。
来られる場合は
    東海大学医学部付属病院放射線治療科医局 までお越しください。

また放射線治療科の研修内容や問い合わせ先は下記サイトに詳細が記載されていますので
ご覧ください。


講演会

2018年度放射線治療科講演会ーInformation

第2回東海大学医学物理研究会

 昨年に引き続き、今年も東海大学医学物理研究会を実施することになりました。今回は、昨今の人工知能ブームはニュースでも連日報道がなされており、日本放射線腫瘍学会等でも人工知能が注目されていますが、実際に人工知能プログラミングに挑戦する際、どこから始めたらよいのか悩まれる方も多いと思います。そこで、人工知能プログラミング入門をテーマとして、Preferred Networksによって開発されたディープラーニングフレームワークChainerを基礎から学ぶセミナーを開催することと致しました。Chainerは日本国内を中心として人気のあるディープラーニングフレームワークであり、さまざまな人工知能分野で応用されている、定評のあるツールです。

 第2回東海大学医学物理研究会では午前の部に、慶應義塾大学病院放射線科医師、根本貴文先生をお招きし、Chainerを利用するために必要なプログラミング言語Pythonの基本的な操作に関して、ご講演して頂きます。午後の部には『Chainer v2による実践深層学習』、『ニューラルネットワーク自作入門』などの著書で知られる茨城大学工学部情報工学科、新納浩幸教授をお招きして、Chainerの基礎からご講演をして頂きます。

 詳細に関しては下のボタンをクリックしてご覧ください。
※詳細で表示されるPDF内の「場所」は東海大学伊勢原校舎1号館1階講堂Aに変更となっています。また開催直前になりましたら、参加者にはご連絡いたします。
 根本先生のご講演は午前の部としてご用意しておりますので、Pythonの使い方がよく分からないという方は午前の部からご参加ください。午前の部から参加される方は、申し込み時に午前の部参加希望とお伝えください。

 また応募多数の場合は先着順にて締め切らせていただきますので、その際はご了承ください。
 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

2017年度放射線治療科講演会ー開催後記

2017年8月19日に東海大学医学物理研究会を行いました。今回の講演会の講演内容

  • 「Align RTの有効な使用方法」
       東京ベイ先端医療・幕張クリニック 横浜亘 先生
  • 「肺領域の線量計算」
       京都大学医学部付属病院 鶴田裕輔 先生

 東海大学職員、東海大学学生、他大学の方、総勢24名の方に
集まって頂き2名の先生方よりそれぞれ1時間程度講演して頂きました。
Align RTの使用経験やその装置を使うメリット、注意事項、今後の
発展についてを横浜先生より講演頂き、鶴田先生より、京都大学での
最新治療について、鶴田先生が専門でされている肺の放射線治療に
関する線量計算の研究について講演頂きました。
 出席者からの質問も多数あり活発な意見交換ができました。講演後に
講師横浜先生より実機を用いた実習もして頂き、盛会に終了しました。
ご参加頂いた皆さまありがとうございました。次回もこのような研究会を
実施していきたいと思います。今回都合でご参加頂けなかった方も次回は
是非ご参加下さい。

第1回東海大学医学物理研究会の写真