新しい放射線治療

強度変調放射線治療 (IMRT)

 強度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiation Therapy: IMRT)は、腫瘍のみに放射線を集中して照射できる画期的な新照射技術です。従来は不可能であった凹型の線量分布が可能となり、腫瘍制御率の向上や合併症の軽減がえられます。

 放射線治療では照射する放射線照射量を増やせば腫瘍制御率も高くなるので、最大の抗腫瘍効果が得られる線量を投与するのが理想的です。しかし、線量の増加は、同時に放射線による合併症の頻度をも高くします。このため正常組織の耐用線量を超えてしまい、理想的な線量を投与できないことが多いのです。 特に腫瘍が正常組織を取り囲むように位置している場合、正常組織を避けて十分量の照射をすることは不可能でした。このような中、 IMRT が開発されました。 IMRT は、コンピュータによる治療計画(インバースプラン)とその計算結果どおりの照射を可能とするコンピュータ制御に特徴があります。インバースプランは、人間が試行錯誤を繰り返す代わりにコンピュータが何千・何万通りの照射法の中から最適な方法を算出する方法です。ビームを更に小さなセグメントという単位で分割して照射し、理想的な分布を作成します。  

 さらに、マルチリーフコリメータという装置を制御し、計算どおりの照射を実現します。インバースプランによって生成されたビームパターンを再現して、多方向から照射することによって理想の線量分布を得るのです。 

 IMRT においては、各ビーム内の強度は照射野内で不均一ですが、最終的にすべてのビームを合計すると目的の線量分布が実現されます。当院には専任の医学物理士がおり、最適な治療計画で安全な照射を行っています。装置の精度管理やメンテナンスは常に基準以上を満たしています。

定位放射線治療

体幹部定位放射線治療

 体幹部集光照射、SBRT、ピンポイント照射などともいい、ボディフレームという器具や、 照射室内CTによる位置決めなどで、数ミリ以内の精度で放射線を集中して治療する方法 をいいます。 
 直径4cm程度以下の肺癌に対して、放射線を集中して破壊し、副作用がほとんどなく手術と同程度の治療成績が得られるといわれています。
 東海大学ではボディシェルとバキュームピローという固定法で体幹部定位放射線治療を肺癌、肝癌などの限局した病変に対して施行しています。

適応:5cm以下の小さな肺癌(小細胞がんは除く)、肝臓がん リンパ節転移、遠隔転移のないもの

脳定位放射線治療

 頭部をしっかりと固定して、放射線を病変の形状に正確に一致させて集中照射する方法で、周辺正常組織を温存して病変のみを治療する精密放射線治療の方法です。元々はスエーデンの脳神経外科医レクセル(Leksell)によるガンマナイフで始められ、"ラジオサージャリー"ともいわれています。TrueBeamSTxを用いて転移性脳腫瘍の治療を行います。当院では患者さんの状態や予後も考え最大10個まで定位照射で治療しています。定位照射後の全脳照射も可能です。定位照射と全脳照射の適応は経験豊富な医師が総合的に判断し決定しております。

適応:5cm以下の脳転移病変(10個まで)、脳腫瘍術後残存、脳動静脈奇形、頭蓋底の髄膜種など。

VMAT

 当科では2010年より強度変調放射線治療(IMRT)を実施しておりました。IMRTは腫瘍に対して集中して高線量を投与し高い治療効果を実現しつつ、周囲の正常組織の被爆を最小限として副作用の発生率の低減または重症度の低減を実現可能な最新の治療法です。

 VMATは装置を回転しながら強度変調放射線治療を行う、従来から行われておりましたIMRTの進化技術です。VMATの最大の利点はIMRTと同等以上の線量分布を実現しつつ、治療時間を大幅に短縮可能なことです。そのため、正常組織への障害をより少なくすることができ、より多くの患者さんに対してVMATによる治療を実施いたします。現在、3台中2台の装置でVMATが可能になっていますが、2018年度の装置更新で全ての装置で可能になります。頭頚部癌、前立腺癌は全例VMATで治療しています。

 また、体表面4次元監視装置(AlignRT)により、乳房呼吸制御照射などで心臓への副作用を減じ、より安全に治療できる機能も備わりました。

適応:頭頚部癌、前立腺癌、脳腫瘍、腹部臓器など

画像誘導小線源治療(IGBT:image-guided brachytherapy)

 当院では高線量率小線源治療装置を有しており、主に子宮頚癌に対し腔内照射を行っております。
 腔内照射とは、病変のある腔内やその周囲に器具を挿入し、その器具の中に放射線を発する線源を停留させることで、病変へ集中的に大線量の照射をする治療法です。
 子宮頚癌に対する放射線治療では、基本的に体外照射と上記の腔内照射を組み合わせます。(但し、患者様の状態や病状などによっての検討が必要です。)
 当院では2015年より腔内照射の際には画像誘導小線源治療(IGBT:image-guided brachytherapy)を使用しております。IGBTでは、治療毎に治療器具を挿入した状態でCTを撮影し、そのCT上で病変や周囲臓器を描出した上で、三次元的に治療プランを作成します。これによって、治療の進行とともに縮小していく病変の変化にも対応してプランを作成し、正常組織の線量の低減と病変への更なる高線量の照射が可能となっています。