当科の概要

領域特色

 当院、放射線治療科と画像診断科はそれぞれ独立しており、臨床研究をしながら、協力体制を確立しています。両科とも十分な医師を擁し、それぞれの科に経験豊富な指導医が在籍しており、臨床から若手医師の指導まで盤石な体制です。放射線治療科のみで、医師数7人というのは全国的にも多い方です。また専任の経験豊富な医学物理士が3名と、数名の技師の資格取得者が在籍しています。
 放射線治療部門は世界的に放射線腫瘍部(Department of Radiation Oncology)といわれ、当学では当初から放射線腫瘍学なる教室として発足しましたが、当時日本では放射線治療は画像診断と別れていないことが多く、全国でも珍しいものでした。初代の母里知之教授は開校より27年間務められ、当領域の基礎を作られました。その後、大泉幸雄教授が後を継がれてさらに大きく発展させられました。現在は、大泉教授と若干の重なりを経て國枝悦夫教授が担当しています。

診療

 東海大学病院の放射線治療科は医師だけでなく、放射線治療技師、看護師、メディカルセクレタリー、受付クラークとさらに医学物理士など多職種が働いており、チームワークが良いことが特徴です。現在、関連部門である放射線治療品質管理室とともに全職種が独自の品質保証活動を行っており安全性とともに治療成績の向上に努めています。外部照射装置3台と小線源治療装置1台で年間千人超と神奈川県でも治療人数が多く、全国でもトップクラスの施設となっています。その中でも外部照射装置の1つはTrueBeam STxで最新の治療を提供しています。

 大泉教授が就任された2001年には年間600人程度でしたから15年後の今は倍近くの治療数ですが、IMRTといわれる高精度治療への対応、装置増設、新しい治療への積極的な取り組みなど、時代への対応してより患者さんに貢献できるように日々努力しています。

 付属八王子病院にはノバリスという高精度放射線治療装置が導入され、医師2名、医学物理士教員1名が技師、看護師と年間300人ほどの治療を行っています。装置の特徴を生かしてIMRTなどの高精度治療が約4割と高くなっています。

研究

 初代母里教授は、当学赴任前にカナダに留学された経験から、最終講義では「トロントの病院は基礎部門としてRadiation Biologyをやっていますし、そして Radiation Physicsが非常に強い。やはりきちんと仕事をやるには物理・生物・臨床を一緒にしないとうまくいかないと思って帰ってきました」といわれていますが、大きな装置と目に見えない放射線で治療する当部門では医学物理と放射線生物学が基盤となっています。

 大泉教授は、特に放射線生物学で重要な仕事を残されています。現在は他領域を巻き込んで放射線生物学の研究が行われ、分子標的薬を含めた抗腫瘍薬と放射線の併用はトピックスとなっています。画像によるガイドにより以前に比べてはるかに高精度となってきたため、臨床に役に立つという意味でも放射線物理の領域を強化しています。特に医学物理士を中心に4次元治療など新しい治療法や検出器、線量計算法の開発などを行っており、世界に広がりのある分野ですので今後も他大学、企業とも共同で大型研究を進めます。当施設は規模が大きいとはいえ、臨床研究は一施設では限度があるので多施設研究をさらに推進する必要があります。

 東海大学では科研費取得に力を入れており、初めての申請の際は院内で事前審査を受けることが可能です。研究支援課で研究計画書の体裁も指導していただけます。また、科研費以外にも大学独自の若手のための研究費助成があります。疑問に思ったことは直ぐに調べて研究発表することが可能です。また学生と医師との隔たりが無いので、それぞれの研究テーマに医師がサポートしたり、学生がサポートしたりして研究を一緒にすることで、臨床から物理的な側面まで幅広く研究することができます。

 企業と合同で国産の放射線治療装置を開発中です。八王子病院にプロトタイプが納入されており、実用化まであと少しの状況です。AMEDの研究費助成を受けており、日本発の高精度放射線治療装置に期待が高まっています。

以下の他施設共同研究に参加しています。
転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療の遡及的多施設共同研究
参加施設:JROSG(日本放射線腫瘍学研究機構)に参加する国内多数の施設
大阪府立急性期・総合医療センター  放射線治療科 島本 茂利
研究事務局 東海大学医学部付属病院 放射線治療科 原田 堅

 学会発表は積極的行っています。
2017年度実績:日本放射線腫瘍学会(医師全員発表)、日本医学放射線学会、日本定位放射線治療学会、米国放射線腫瘍学会

教育

 学部教育では臨床講義以外に、クリニカルクラークシップを行っています。
 毎年、60名もの学部生が選択必修科目で当科を回ります。クルズスや外来見学、治療計画実習など充実した放射線治療科実習を体験しています。当教室には教育用の治療計画装置が4台あります。
 放射線治療はほぼ全臓器の腫瘍にかかわり、脳転移や骨転移など、将来内科や外科に進む学生さんたちにも役に立つような授業をおこなっています。学生アンケートでは、毎回非常に満足度が高いです。医師だけでなく、医学物理士の業務内容も知ることができます。放射線治療の実際を知りたい学生さん、腫瘍一般を学びたい学生さん、理由はさまざまで構いませんので是非、選択してみてください。

 大学院ではがんプロの一つでもある医学物理士養成コースがあり高精度治療に対応できる人材を育成しています。
治療計画を立てる上ではしっかりと医師をサポートし、若い人でも安全な治療計画の立て方を学べます。実際に医師と一緒に治療計画を立てながら最適な治療を模索し、1つ1つのことを学びます。

将来

 2010年に新病院とともに新鋭のライナック2台、小線源治療装置1台、X線およびCTシミュレータ各1台を新規導入しましたが、治療患者数の急増により不足し、2017年に最新外部照射装置1台(TrueBeamSTx)を増設しました。CTシミュレーターも更新されました。さらに既存装置を最新装置に更新することが決まっています。VMAT計画のライセンスも増やしています。また、近未来には広い敷地を生かして、都内の大学病院では困難な粒子線治療なども可能となるかもしれません。八王子分院でも最新治療ができるような体制が実現します。すなわち、装置の増強にも合わせて増員が必要です。現状でも大学病院としてかなり症例数の多い東海大学ですが、日本でも最大級、最先端の大学附属の放射線治療施設になり得ます。

医師(伊勢原)

教授:国枝悦夫

 放射線治療専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

専門 :高精度放射線治療、定位放射線治療、脳腫瘍、肺腫瘍
出身地:東京都
趣味 :ドライブ、ものを作ること(日曜大工、鑑賞野菜、コンピュータソフト、ハードなど何でも)
資格 :医学博士、医学物理士、第一種放射線取扱主任者

<ご挨拶>もご参照ください。

根治的な治療でも、緩和治療でも、あるいはあえて照射を行わないという選択を含めて、どんな場合にも、
患者さんと可能な限り相談しながらご本人のことを第一に考えた治療を行います。他科とも協力してこれまでの
標準治療とともに大学病院で行うのにふさわしいと言える先進的な治療を推進していきたいと思います。

講師:秋庭健志

 放射線治療専門医、日本がん治療認定機構がん治療認定医。

専門 :小児がん、消化器癌、悪性リンパ腫、全身照射、直腸癌
出身地:東京都
趣味 :らんちゅう

 私が放射線治療の道を志したのは、バブル崩壊後の研修医時代にどこの科をローテートしても癌患者さんが
多いことを経験したのがきっかけです。外科治療と違いじっくり穏やかに時間をかけて治療していく過程は
性にあっていたようです。オールマイティーにさまざまな疾患の治療に携わってはおりますが、主に小児腫瘍
や血液リンパ系腫瘍、直腸癌や前立腺癌、口腔癌などの治療や研究に関わっています。昔と違い現在は
ガイドラインや標準治療といった情報が整い、医者による治療の差はあまりないように感じられるかも
しれませんが、近年の自由自在に高度化した放射線治療技術は工夫次第では医者の腕の差を広げるかも。
知れません。最終的には癌ではなく人を相手にしているわけですから、さじ加減は重要と思っています。
日々患者さんから多くを学び未だ成長過程といったところでしょうか。

特任講師 : 原田堅

放射線治療専門医、日本放射線腫瘍学研究機構(JROSG)脳・神経系腫瘍委員会委員

専門 :脳腫瘍、肺がんなどの高精度放射線治療、悪性リンパ腫
出身地:神奈川県横浜市
趣味 :天体観測、食べ歩き、(みんなの)Golf
資格 :医学博士、英語検定1級、TOEIC940点 

海外大学(アメリカ)卒業後に学士編入で医学部に入学し医師となりました。
ひょんなきっかけで放射線治療医になりましたが、今改めてよかったと思っています。

放射線治療の魅力
① すべての臓器を診ることができ、診察が多岐にわたり、飽きません。いろいろなことをしたい人に向いてます。
  また、一つの臓器を深く追及することもできます。
② がん治療の分野でますます必要とされています。切らずに治せます。
③ 新しい技術がでてきており、研究テーマはたくさんあります。
④ 共働きで子育てしながらでもできます。

 少しでも放射線治療に興味を持った方、歓迎します。
 ぜひ一度見学に来てください。魅力を伝えられると思います。

助教:福澤毅


専門  :頭頚部、前立腺癌、緩和など全般
出身地 :長野県
出身大学:東海大学
趣味  :運動、映画鑑賞

 放射線治療は、全身のさまざまな臓器のがんの根治治療から緩和治療まで幅広く行われ、がん治療に欠かせない治療法です。
 昨今、がん治療においては、治療後QOLを保つも重要視されており、IMRT、SBRTなどの高精度治療は、臓器温存が可能な治療法として
今後発展していく分野だと思います。
 東海大学は、高精度放射線治療をはじめ、頭頚部癌、小線源治療(子宮頸がん)小児、血液疾患などさまざまな症例を経験することができます。
 すこしでも興味を持たれた方は、ぜひ見学にいらしてください。

助教:長尾隆太

放射線科専門医

専門 :婦人科腫瘍、乳腺腫瘍、食道癌、緩和ケア
出身地:愛媛県松山市 ⇒ 東海大学卒業
趣味 :食事、外見に似合わずバドミントン、あとは漫画、料理(作るのも食べるのも)です。
特技 :料理、麻雀
資格 :中型二輪免許
特徴 :大きいこと。


   <放射線治療科 医師コメント>もご参照ください。


助教:勝俣智美

放射線科専門医

東海大学を卒業後、他病院での研修を経て入局しました。

 趣味は旅行です。興味のある方はぜひ見学にいらしてください。

 <放射線治療科 医師コメント>もご参照ください。

助教:砂口歩

放射線科専門医

専門 :放射線治療全般
出身地:大阪府大阪市 ⇒ 東北大学卒業
趣味 :サッカー、インコ
特技 :数学
資格 :放射線科専門医

 私は東北大学医学部を卒業後、済生会横浜市東部病院、慶應義塾大学病院での初期臨床研修を経て、慶應義塾
大学放射線科に入局後に放射線治療を専攻し、東京医療センター放射線治療科で医員を務めたのち、2017年4月
より当科の助教として勤務しております。

 これまで、三次元体放射線治療(three-dimensionalconformal radiation therapy:3D-CRT)を含む放射線治療全般を行ってきましたが、とりわけ前立腺癌シード治療や子宮頸癌腔内照射等の小線源治療、Volumetric
Modulated Arc Therapy(VMAT)を用いた強度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiation Therapy:
IMRT)や頭部・体幹部定位放射線治療(Stereotactic Radiation Therapy)に数多く取り組んで参りました。

 当院でも2017年2月よりVolumetric Modulated Arc Therapy(VMAT)を開始しております。微力では
ありますが、これまでの経験を生かし、東海大学病院の高精度放射線治療の発展に寄与できればと考えております。
 これから高精度放射線治療をやってみたいという先生方は是非一度見学にいらしてください。

医学物理士(伊勢原)

講師:株木重人

 医学物理士。

 私は品質管理業務を主に行っており、また研究では、ガンマ線カメラの開発や、X線治療機器のモンテカルロシミュレーション、治療計画の最適化等の研究を行っています。このように当院では、臨床から研究まで多くのことに挑戦でき、様々なバックグラウンドの人材が切磋琢磨している環境です。医学物理に興味がある方は是非一緒に学んでいきましょう。

講師:藤田幸男

 診療放射線技師、医学物理士。

 近年、技術の進化が著しい放射線治療において、さらに安全で効果的な放射線治療を実現するため様々な新しい技術の研究・開発、さらにその技術の臨床導入するための臨床研究を精力的に行っています。また、研究だけでなく医学物理士の臨床業務では、最新の治療技術を安全に導入するための品質管理システムの構築、多くの方にこのような技術を提供するためのシステム効率化などを行っています。研究をやりたい方、医学物理士の臨床能力を養いたい方を歓迎します。

研究員(伊勢原)

研究員:二上菜津実

専門 :機械学習、小線源治療の品質管理
出身地:埼玉県所沢市
趣味 :華道

 近年、人工知能(AI)が注目されています。たとえば画像診断ではAIによって肺結節を見つけるというコンテストもあるくら
いで、医療現場でAIが当たり前のように使われる日がやってくるのはそう遠くないでしょう。
AIというと突然現れた技術のように思うかもしれませんが、その歴史は古く、AIという言葉が誕生したのは1950年代です。  2000年代にディープラーニングが提唱され、現在の第三次AIブームに至っています。このAIを支える技術が機械学習です。
 私は機械学習を放射線治療にいかに応用するかを研究しています。この分野はまだまだ未開拓な領域であり、皆さんの想像力
次第で医療へのAI応用の可能性は広がっていくでしょう。私たちとともにAIの可能性を探求してみませんか? 
私たちと研究したアグレッシブな方を歓迎します

非常勤医師(伊勢原)

非常勤講師:前澤博

非常勤講師(客員教授):武田篤也

非常勤講師:森口央基

非常勤講師:塚本信宏

医師(八王子)

特任教授:北原規

准教授:菅原章友

医学物理士(八王子)

助教:松元佳嗣

 医学物理士、診療放射線技師。

専門 :放射線治療学、放射線治療計測学
趣味 :ドライブ、家庭菜園、ダンボールコンポストによる堆肥作り
資格 :医学物理士、診療放射線技師、第1種放射線取扱主任者

 東海大学八王子病院の医学物理士を兼ねており、八王子病院ではVMAT (Volumetric Modulated Arc Therapy)の最適化やそれ以外の治療計画補助、QA等を行っております。他にも、新たな放射線治療方法を導入する際に、安全でかつ早い導入を目指して調査や計測等をおこなっております。
 研究ではメーカーと共同でSBRT用ファントムや遮蔽の開発を行っております。これまでにないファントムを作成している為、様々な困難に直面することがありますが、今までにないものを作り上げることは楽しいことでもあります。ご興味がある方はぜひ一緒に研究しましょう。

大学院生(医学物理)

D3:川俣郁馬

 私が医学物理士という職業を知ったのは学部3年の研究室紹介の時でした。大学で学んだ知識を実際の仕事に活かせる点に惹かれて大学院に進学しました。東海大学では伊勢原病院に2名、八王子病院に1名の物理士の教員がおり基礎系・臨床系の様々な研究テーマの中から自分が興味を持ったものを選ぶことができます。また教育体制も整っており、臨床実習では治療の見学や治療計画の作成などを行っています。東海大学は医師・技師・物理士とも仲が良く、臨床・研究ともに良い環境が揃っています。私達と一緒に東海大学で医学物理士を目指しませんか。

D2:飯島康太郎

 私が医学物理士を目指すきっかけとなったのは、学部2年次、物理が人の役に立っているところをもっと身近に感じたいと考えていたときに読んだ、小林・益川理論の先生方の対談記事でした。それからは医学物理士になるため放射線に関する研究をしてきました。学部4年次は、日本大学量子化学研究所加速器研究室でPXR二次元強度分布測定用電離箱の開発を行い、修士は東海大学の放射線治療科で電子飛跡検出型コンプトンカメラの開発・研究を行いました。現在は博士課程に在籍し研究だけでなく、床業務も積極的に行っています。

M2:長友翔太

 私は以前、福岡県の純真学園大学で放射線技術科学科に在学しておりました。在学当時は臨床の道に進もうと考えておりましたが、当時の研究室の先生から医学物理士という職業を教えていただき、また研究にも興味があったので東海大学院に進学することを決意しました。

 東海大学に在学してまだ日が浅いですが、優秀な先生、先輩方に囲まれ、臨床、研究の面でも素晴らしい環境で学ぶことができています。せっかく病院が身近にある環境ですので将来臨床の場で活躍できるように知識をつけ、病院に貢献できる立派な医学物理士を目指します。

 研究内容:IMRTの品質管理

M1:山田鴻一郎

 当科の皆さんはこのサイトに自己紹介を書いているのですが、自分はこのサイトとは違うサイトに書きましたので、そちらをご覧ください。そのサイトは右記から飛べます。  ⇒  山田の生態へGO!!!!

 自分は元々、東海大学理学部物理学科に在籍していました。学部3年生の時までは物理学と医学がどのように関わっているのかは全く知りませんでした。でも物理学科の先生から医学物理士という職業があると聞いて初めて知り、昔から医学は好きだったので興味が沸きました。色々、医学物理士について調べてはみましたが、ネット上で検索しても、ヒットすることはあまりなかったです。どうして少ないのかというと日本の医学物理士が1000人もいないという、ごく僅かなスペシャリストであるということでした。このごく僅かなスペシャリストを目指して、今も臨床研究を行ない、授業も受け、臨床業務のお手伝いをして、医学物理士に必要な知識を増やしていっています。
 医師、医学物理士、診療放射線技師の方がいて、自分のわからいことなど、たくさん見て聞いて学ぶことができ、治療計画の作成のための重要ポイントを教えてもらいながら患者さんにとって最適な治療計画の作成の補助を行ったりと、誰とでも接しやすい恵まれた環境で勉強が出来ているので、最高な研究環境・勉強環境であります。

 研究内容:企業が開発したSBRT用ファントムに使用されている物質の電子密度の解明
 この研究を学部生の頃から行なっています。
 また今年(2017年)は第一種放射線取扱主任者の勉強を自分と他3名(医師2名、研究員)で勉強していました。

秘書

医局秘書:門脇恒子

出身地:高座郡寒川町
趣味 :手芸・園芸・フラワーアレジメント 
資格 :簿記検定2級  珠算実務検定2級
業務内容:医局事務(伝票処理・学生&講義・教育関係・学事費&研究費管理 外来関係 等)
 
 私は、14年前にご縁があって放射線治療科の事務員として配属されました。
 配属先を選べた訳ではありませんが「放射線治療科」は、私にとって未知の存在でした。
 不安と、敷居の高さを感じていたのを覚えています。
 実際、放射線治療科の事務仕事をしていくうちに、先生方、外来スタッフ・自分の子供位の学生さん達など色々な職種・年齢層で関わって感じているのは、皆さん明るく職場の人間関係と環境がとても良いという事です。
 放射線治療科に配属された事を、とても感謝しております。
色んな方々の刺激を受け、皆さんのお役に立てるように日々取り組んでまいります。

教授秘書:安田美亜子

出身地:神奈川県厚木市
趣味  :ジョギング・合唱(第九など)・東京見物
資格 :秘書検定2級
業務内容:教授秘書(スケジュール管理、研究費管理、伝票処理 等

 産休中の秘書に替わって勤務し始め、半年が経ちました。
 まだまだ判らないことだらけですが、先生方はじめ、物理士さん、学生さん、皆さん気さくで暖かい雰囲気の放射線治療科で、少しでもお役に立てたら嬉しいと思っています。

教授秘書:藤村美紗子

 2013年より、国枝教授の秘書としてお手伝いをさせていただいております。こちら放射線治療科学はとても良いところです。医師の先生方をはじめ、物理士の皆さん、博士・修士の学生さん方も、思いやりのある優しい方が集まっているように感じます。人間関係でストレスを感じることはないと思います。私はまだまだ教授秘書として未熟ではございますが、少しでもお役に立てるよう邁進してまいりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。